韓国全国障がい者冬季体育大会に出場、イ・スヨン選手が銀メダルを受賞
Mar, 2020




第17回韓国全国障がい者冬季体育大会のアルペンスキー種目に、Qセルズの障がい者スポーツ団所属の選手たちが参加し、良い戦いを見せました。その中でもイ・スヨン選手は、銀メダルという快挙を成し遂げました。毎日頑張って練習に励み、自分自身と闘い続けてきたQセルズの障がい者スポーツ団所属の選手たちに力強いエールを送ります。



2月11日~14日まで韓国・江原道・平昌周辺の競技場で開催された第17回韓国全国障がい者冬季体育大会のアルペンスキー種目に、Qセルズの障がい者スポーツ団所属のキム・ミンジェ(21歳)選手とイ・スヨン(20歳)選手が参加しました。






初参加となるキム・ミンジェ選手は頑張って練習してきた器量を広げましたが、残念ながら入賞を逃しました。一方、イ・スヨン選手は第1次と第2次の合計が22秒28という好成績を記録し、アルペンスキー種目で銀メダルを獲得しました。イ・スヨン選手は、昨年開催された障がい者冬季体育大会でも3位に入賞し、銅メダルを受賞しましたが、今回の大会で一層成長したパフォーマンスを見せました。


キム・ミンジェ選手はゴールボールとスキー、イ・スヨン選手は漕艇とスキーが主力です。2人は昨年10月に開催された全国障がい者体育大会にも参加しました。当時、キム・ミンジェ選手はゴールボール種目に参加しましたが、残念ながら5位に留まり、メダルの獲得にはなりませんでした。一方、イ・スヨン選手は漕艇種目でも頭角を表し、銀メダル獲得という素晴らしい結果を残しました。キム・ミンジェ選手とイ・スヨン選手のほかに、Qセルズの障がい者スポーツ団に所属している選手みんなは毎日汗をかきながら一生懸命練習に励んでいます。限界に挑戦している選手のみなさんに熱いエールを送り、温かく見守ってください。






記者  |  ファン・ソンジュン

所属  |  総務チーム・代理/韓国工場