Qセルズ、米住宅用モジュール部門と商業用部門でシェア率1位達成
Apr, 2020




Qセルズは、2019年に米家庭用太陽光モジュール部門と商業用部門で1位を達成しました。

同じ年に2つの部門で1位を達成したのは初めてのことです。これからも優れた品質のエネルギーソリューションで米市場をリードしていくことが期待されています。  


Qセルズは、2020年の第1四半期末に素晴らしい実績を発表し、業界のリーダーとしてその地位を固めました。エネルギー調査およびコンサルティング分野のリーディングカンパニー「ウッドマッケンジーパワー&リニューアブル(Wood Mackenzie Power & Renewables)」が発表した2020年第1四半期の米太陽光リーダーボードによると、Qセルズは2019年に家庭用太陽光モジュール部門はもちろん、商業用部門でも1位に選ばれました。 


Qセルズとして同じ年に2つの部門で1位となったこと、そして商業用市場で1位に選ばれたことは今回が初めてです。住宅用市場のシェア率は2018年に14.1%でしたが、2019年には倍増した25.2%で、これは業界歴史上、初の記録です。また、商業用市場のシェア率は13.3%でしたが、第4四半期の場合は23.019%を記録しました。これも四半期基準で見ると業界一のシェア率です。


このような成果を挙げることができたのは、パートナーからの変わらぬ声援のおかげです。Qセルズはこれからも米市場でサービスを提供し、イノベーションや素晴らしいクオリティーのエネルギーソリューションとして業界をリードしていきます。






記者  |  アダム・べストロム (Adam Bestrom)

所属  |  マーケティングチーム・シニアアソシエイト/Qセルズ・米国法人