太陽光特化時代の終焉 - 『PVマガジン』が考えるセル
Oct, 2020



世界的な太陽光発電専門雑誌『PVマガジン(PV Magazine)』は、9月に2回にわたって「Why the era of solar specialization is over(なぜ太陽光特化時代は終わるのか)」というタイトルで特集記事を組みました。

今回の特集記事では変化している世界エネルギー市場の現在と未来について考え、環境に優しいエネルギー市場をリードしているQセルズの対応と戦略、これからのビジョンを詳しく取り上げました。

特に、Qセルズの研究・開発に対する教育や投資、エネルギートレンドの変化に対する対応方法をはじめ、Qセルズの新技術や革新的なビジネスモデル、エコでスマートなソリューションなどについて主に紹介しました。また、Qセルズが環境に優しいエネルギー市場で競争力や影響力のあるメインプレイヤーとして活躍できる理由などについても詳しく分析しています









• チャンスは専門性から生まれる


7月、Qセルズは次世代の高効率・高性能の太陽光発電技術の商用化や持続可能な推進力を手に入れるため、今後3年間機械や設備などに1億2500万ユーロを投資すると発表しました。このようなQセルズの攻撃的な投資は太陽光エネルギーが未来の環境に優しいエネルギーにおいて柱になるという確信と共に、最高の専門家と技術者を雇い、教育と養成を行い、研究開発の環境が整えば、それに相応したチャンスと成功がついてくることが誰よりもよくわかっているからです。Qセルズはこうしたアクセスの仕方によりチャンスの土台を作り、太陽光技術の枠を超え、様々なエネルギーミックスのコア構成を目指して進めています。




▲ Qセルズは、今後3年間ソーラーバレーのR&Dセンターに1億2500万ユーロ―を投資すると発表。


• 排気ガスの構造的な減少は欠かせない要素


もう何年も前から、もはや再生可能エネルギーには「代替」という言葉がつかなくなりました。太陽光と風力は、過去の石炭とガスが支配していた中央集中式エネルギーグリッドから抜け出す機会をくれました。有機的でスマートなエネルギーや低炭素(もしくはゼロ炭素)エネルギーの消費増加は世界各国のエネルギー政策強化に繋がっています。IEAによると、世界の累積太陽光容量は2010年に40GW弱でしたが、昨年はわずか12か月で115GWと、約3培近く増加しました。このようなエネルギートレンドの変化においてQセルズは非常に重要な役割を果たすと期待されています。 



• 変化している世界には新しい解決策が必要


新型コロナウイルス感染症により世界のあらゆることが変わってしまいました。道路や列車から人がいなくなりましたが、ブロードバンドサービスは成長しました。エネルギー消費パターンにも影響を与えました。今後、家で過ごす時間がさらに長くなるでしょう。これは住宅だけではなくオフィスや工場でのエネルギー消費パターンにも変化をもたらすと考えられます。このような変化によりエネルギーシステムが脱炭素化(decarbonize)する機会、デジタルライフほど柔軟に適用するチャンスが生まれます。


QセルズのSolar+Storage+EVパッケージは、新しい時代に合わせて作られました。Qセルズは、数年間にわたって研究を重ねた結果としてDER統合技術専門企業「SwitchDin」とMOU締結、ESSソフトウェア専門企業「Geli」への投資などを行い、拡大可能なストリッジソリューションフォートポリオを蓄積しています。ドイツではQ.エネルギーを通じて、顧客に電気料金の選択機会を提供しています。先日、電気自動車向け知能型充電ステーションである「Q.HOME EDRIVE- G1」を発売しました。最大22kWまで充電可能な「Q.HOME EDRIVE- G1」は電気自動車向け携帯用充電デバイスで、車内において携帯できるようになっています。Qセルズのフレキシブルでスマートなソリューションは、これからヨーロッパのエネルギー市場においてさらに中心的役割を果たすと期待されています。   




▲ Q.HOME EDRIVE G1



• そして、すべてが相応しい価値を持っている


Qセルズの核心目標の一つは、企業および住宅が利用できるエネルギーソリューションを提供することにおいてリーダー的な役割を果たすことです。炭素を燃やして得るエネルギーだけではなく数多いエネルギーが我々の周りにあるという真実、その真実の種を撒く旅はスタートしたばかりです。我々が進まなければならない道はまだまだ続きます。太陽光パネルのグリーン化、アフリカのコバルト鉱山で働いている人のために安全で公正な作業条件の確保、貧困国もグリーンイノベーションの恩恵が受けられるようにコストを下げることなど、やらなければならないことがまだまだ多いです。Qセルズはそれがどれほど大変なことなのかわかっていますが、その中にはたくさんのチャンスが存在しています。今後、環境に優しいエネルギー市場においてQセルズがどこへ向かって進むのか、目が離せません。 



icon
share